私は還暦を過ぎてちょっとお腹が出てきてメタボが気になるようになりました。
そこでテレビでよく宣伝しているサントリーの緑茶伊右衛門を飲むように妻に奨められ飲むようになりました。最初はお茶は買って飲む感覚がありませんでした。
当然自販機でもお茶は買ったことがありませんでした。

しかしこのサントリーの伊右衛門を飲み始めてから私の常識が変わりました。とても香りが良くて美味しかったのでそれからは良く飲むようになりました。

またそれまで気にしていたお腹の出っ張りそしてメタボ健康診断でも良くなりこれもサントリーの伊右衛門のおかげかと思っています。
サントリーの伊右衛門はトクホの緑茶でダイエット茶です。

“体脂肪を減らす”のを助ける特定保健用食品だそうです。

私は後から知りました。 伊右衛門 の特茶は凄いお茶なんだと思い今はすすんで飲むようにしています。
また友達にも奨めています。その時必ず特定保健用食品のマークを説明します。トクホは、消費者庁長官の許可を受けておりトクホのマークを表示することのできる食品です。だから他のお茶とは全然違います。

特定保健用食品は健康が気になる方を対象にしている食品です。
自慢げに奨めていますがそれだけ自信を持って奨める事ができるお茶です。

こういったことに関しては最初は全くの無知だったのですが、ダイエット茶人気ランキング(http://xn--t8j4aa4npgya3bya0l6a7czzkeb19962a.com/)というサイトをみつけて、そこでダイエット茶についての知識を深めました。

結構興味深いこともたくさん載っていて、読んでいるだけでも楽しかったので、一度見てみると面白いかもしれませんよ。

我が家ではドクダミ茶を作って、毎日お茶代わりに飲んでいます。
これのいい所は体を温める効能があることです。
その他、整腸の効能のあることです。
そのため毎日快便です。
また驚いたことに、ウンチもおならも臭くないことです。
これはまさに驚きでした。
このドクダミのことをどこかのTVで見て実行したのです。
その人は庭に一杯はやしておいて、夏に刈り取り陰干しして物置において置き、小出しに使っているとか。

我が家ではそれほど多くは生えてきませんので、ドラッグストアーで買ってきます。
後はこれを布袋に入れてお風呂にも入れています。
ドクダミ風呂ですね。少し臭いのですが温まります。
血行を良くするとか。
またこれで体も洗っています。
後、驚いたことは薄毛が治ったのです。
私も50代で薄毛になりました。
もう真ん中の地が透けて見えるくらいです。
それで1回坊主にしました。
この方がすっきりするだろうと思ったん茂です。

それでこのドクダミ風呂のお湯で頭を洗っていました。
数か月でなにか産毛が生えてきた感じがしました。
そのまま続けていると、あきらかに違ってきたのです。
合わせ鏡で見ると黒くなっているのです。
そこで髪を伸ばすようにしました。
今では歳相応にはえています。
これもドクダミの効用だと思っています。
このまま続けていきたいと思っています。

私は、時々パスタ料理をします。具は毎回変えています。味付けは、家族と相談したりしながら決めます。
今日、テレビを見ていたら便利屋というのが出ていました。汚い部屋を片付けてあげるようなサービスもあり、社会の小さなニーズに対応しているなと感心しました。ただ部屋を片付けてあげるだけではなく、なぜそんなに部屋が汚れたのかカウンセリングをしてあげたり、収納家具を設置してあげたり。すごく社会の役に立っていると思いました。

ロンドンやタイの便利屋も出演していました。海外にも便利屋があるなんてびっくりだし、見ていて楽しい番組でした。
最近は、いろいろな場所で災害があり、ニュースを見ていて悲しいです。小さな川が氾濫していたりするので、やはり小さな川でも堤防をしっかりすることが大切だと思います。自然災害でも対策次第で防げるものもあるので、しっかり対策をとってほしいです。

ニュースでもいろいろ対策などが話し合われているので良く見て、一般の人々もみんなでよく話し合うのも大切です。
災害に備えて、スマホに災害対策アプリを入れたり、自分ができることはたくさんあります。自分にできることはしっかりして、自分の命は自分で守る姿勢が大切だと思いました。

東洋美術学校の水墨画科の学費が下がりましたね。
通常、イラスト関係は200万、二年でかかると思いますけど、一年80万くらいになっていて、二年で160万でした。
仕事に繋がらないからなのでしょうかね。
これって結構僕にとっては嬉しい話でして、水墨画って好きなんです。
和風のものだとか、色々ありますけど、僕は色彩センスがないんですよ。モノクロの濃淡はあると思う方なんですけど。
なので、デッサンや水墨画のような濃さで、勝負する絵というのは、凄く好きです。

生涯の趣味に良いですよね。
岡本太郎のような芸術家になるのではなく、旅をしながら好きで描くというのが理想です。

前書いたか覚えてないのですけど、水彩画ってあれ、何回やっても描けないんですよね。
そもそも、モノクロとは違って、カラーで、特に色を作るタイプのものって、面倒な所ないですか。
アナログイラストは、一発勝負なら、むしろ、複雑にやるより、さっと一筆書きのように、書いてみたいと思います。

水墨画ってじわじわデッサンしてから着色するようなイラストではないですものね。
逆にじわじわ描いてから、失敗した、というより、手になじませて、描くのが一番、自分に合っていると思いながら、東洋美術、学費下がって嬉しいです。

以前、ESPの担当の人に聞いた所、三味線の製作所に勤める事も無理ではないと聞いた事がありました。
結論から言って、そういう事が出来たら幸せだと思います。
やはり、専用の店で好きなものを作りたいですよね。

規格量販店でしたっけ。名前違いますかね。そこで伝統工芸ではない大量生産の三味線を作る事が出来るという事が、ブログに載っていましたが、本当にそうなのだそうですよ。
どうやってというと、何でもそうですが、自分で営業するようです。

そこまで面倒な事をしたくないおじさんとしては、自作三味線で充分だと思う事もあります。
確かに勤められれば良いと思いますけど、ほとんど狭き門のようにも思えます。
それより、これはニート仕事といいますか、自作工房で生活出来る分野ですからね。

つまり、自作三味線を売ってみたいにつきます。どこかの会社で勤める向きではない人が、大体、こういう世界に飛び込むのだと思っています。
マイペース型だとか、そういう人はどうやって、自分の作った作品を、売りに出すのかが問題なのでしょう。

営業は無限大だと、とある先生は言っていましたが、僕もそう思っています。
死ぬまで作っていたいと個人的にも思いますしね。てか三味線作りたいというのに命をかけている気持ちって分かってもらえますかね。

多分、僕は今、人間不信と被害妄想がそれなりに爆発しているのだと思っています。
気にしなければいいのにと思う事もあります。
そういう時、何かしています。でも、する事がない時、一人になっていると、過去の話がずっと思いに残ります。
それは今も続いていて、失われた八年間が辛くて仕方ないのです。

ボーダーに会った事のない人は、分からない話だと思います。
検索してみて、そういう人も可哀想なんだよと思うなら、付き合ってみれば良いと思います。
気が付いたら、全てを失っていると思いますよ。
そして、攻撃され続けます。そして、自分の中にもうつと人間不信が続きます。
ちょっと通行人がこちらに顔を向けただけで、ボーダーの手先なのではないかとか、あなた病気ですかと言われたら、僕はそうだと頷きます。
少し辛いと思っています。

でもボーダーの方が、僕は病気だと思います。もっというと、病気以前に、人間なのか疑問を感じる事の方が多いです。
およそ、サラ金や闇金の電話番みたいな仕事か、風俗関係でしか仕事につけない性格だと思います。

この話題がずっと続いている時、とあるブログを見て、僕が幸せになればいいのだと思いました。
忘れようと思って、ずっと苦しんでいます。

ねぎが凄い好きなのですけど、長ネギをざくざく切って、冷凍しておけばよいと思う方です。
ただ、何故か最初からカットしてあるねぎを沢山集めてあるものをうちはよく買ってきますね。何でなのか分からないのですけどね。

朝ごはんを食べるのが非常に面倒なのですね。
食べないといけないのですが、面倒だというのは、粗食だというのも凄くあるでしょうね。
食費に金をかけたくないというのが、一番の理由でしょうか。

そういえば、自分はおじさんになったわけですけど、若い人でも色々いるなというのが正直な所です。
若いとか年とるとか関係ないのでしょうね。
うるさい人が本当に嫌です。思い出したら嫌になりました。

うちの母親が、DVDで、韓国ドラマを見ているのですが、熱しやすく冷めやすいタイプだそうで、四回同じDVDを見たのだそうです。
十回以上、同じ物を見るであろうなと思っています。
ああいう映画関係って良さが分からないのですけど、韓国ドラマというのは、対象にする人達の心をうまくつくのが得意なのだそうですね。
今、自分はひたすら、お金なんですよね。
早く借金を返して気ままな生活を送りたいにつきます。
水墨画や書道が好きな人間でもあるので、気ままに生きたいと思います。

納豆って外国人から見たら、食べられたものではないでしょうね。
普通に予備知識なしに、納豆だけ食べたら、誰だって嫌だと思いますよ。でも日本人って納豆が好きなのですよね。
面白いものですね。子供の頃、美味しいと聞かされると、食べられるようになるのですね。

外国で食べられないというと、イギリスは味覚音痴なんてテレビでやっていましたけど、フィッシュアンドチップスだとか、日本人の味覚に合わないとかそんな事らしいです。
個人的には納豆よりは、食べやすそうなイメージがありますけどね。
日本人から見ると、高カロリーなイメージがありますね。それで引いてしまうというのはあると思います。

自分は大食漢ではないので、余りにも肉、肉そして油で焼いたもの、そのまんまというようなのを出されると、食べられないって思ってしまいます。
そういえば日本食は健康食で食べられているという話も聞きますし、やはり海外の人も、高カロリーなものから、日本食の良さをアレンジして食べているのでしょうかね。
おもてなし、って古いですか。

おもてなしっていえば、柔道何段の看護師さんがやっていましたっけ。がたいのでかい人がやると面白いかもしれません。
あの人は今日も勤務ですか。雨の日も大変ですね。

携帯屋さんにいくと、これが良いという風に勧められますよね。
僕は携帯に無知な人間なので、勧められるままに、購入するのですけど、結構、営業の上手い人は、やり手だと思います。

と言いますか、携帯業界の技術が、本当に日進月歩だというのと、スマホがステータスになっている、又携帯がないと困ってしまう人達が多いというのは事実だと思います。
とはいっても、分からない言葉を言われて、これがお勧めですって言われても、後から見たらどうだろって思う事もあります。

それにしても、携帯屋さんで働いている人って、携帯の事、全部頭に入っているのでしょうか。
それって僕から見たら信じられない話です。
凄い人のように思えます。

携帯屋さんの人達って、基本的にお洒落ですよね。バイトさんも社員さんもこじゃれた印象を受けます。
うちの近所のお店だと、ちょい前までは、接客が酷く無愛想だったのですが、今は普通にやってくれますね。
助かる話です。

携帯って本体の料金と通信料を合わせて二年という計算だとやっと分かりました。
それって、何か嫌です。本体を買った方が得ですね。と言いつつ、お金を貯める自分は携帯を持たないようにするつもりです。特に使わないのです。

タイピングをずっとしていると、手首が痛くなってきますね。
何か良い方法はないものでしょうか。

手首を痛みを和らげる良い薬や湿布などあればと思いましたら、毛布など敷物を敷いてやろうかとも思いました。
でも手首ですよね。
タイピングに向いているパソコンを開発してくれたら、ブログを書くのも楽なのではないでしょうか。
以前タブレットPCで、モニタとキーボードがワイヤレスのものを見つけました。
あれは楽なのでしょうか。
考えてみると、角度だけで、手首が和らぐというものでもないのでしょうかね。

自分、文字を手書きでも書くのが好きなので、ちょこまか好きな事を日記にしたりしています。
少し家計簿的になっていますけど、ネットに置いておくより、ノートにした方が楽な部分もあります。安全ですし。
考えをリアルにまとめやすいのです。
結構考えすぎてこんがらがると、これが優先順位というように、ノートに書いてそれを実行するようにしています。

ペンは手首が痛くならないですよね。
キーボードも、何だか考えて欲しいです。ペンで入力するキーボードだとかどうでしょうかね。
音声入力も、まだまだ変換ミスがあるような気もしますし、何か良い方法はないものかと思いますけどね。