地元青梅の町に対する徒然と最近祭りがつまらないと嘆く中年

多分、はたちの時から言ってんすけど、なまはげを見に行きたくて仕方ないです。
なまはげファンです。というより、あの鬼の怒った顔が、実に美しい。

と思っている内に、段々祭りに行かなくなったなあ。
地元でも、祭りやっているけど、中年になってきたせいか、寒いと帰りたく、人込みが面倒で、ものを買う金もけちるというある意味、雰囲気を楽しんでいるようで、楽しんでいないという感じなんですよ。
青梅マラソンってのが、地元でやるんだけど、バスが途中で止まってしまって、ああ、歩くのかとの体たらく。
そんな感じですが、地元は何か観光に力を入れているのかったら、なんもやってないっすよね。
赤塚不二夫記念館は、この辺のご持病持たれた方々の、職業訓練のようです。違ったっけ。
他はさびれたお店がいくつか。

まあ、日本で栄えている所というのは、余りないのかもしれないと思っていたら、そういえば青梅より、奥多摩の方が観光地ではあるそうですね。
御岳神社だとか、奥多摩のわさび自然、田舎は全部自然豊かとはいいますけど、こと初詣や登山客が多いのは、奥多摩ですな。

微妙な町青梅ですが、意外とタレントの石塚さんとかが、名店らしい肉を食べたり、そういう風に取り上げられる町ではありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です