独奏タイプの音楽講師というのは良いでしょうね

ギターの講師って、やはりバンドをやらなくてはならないのですよね。
バンドが面倒だと思っている方です。本当に。

あれって好きな音楽を全部、メンバーに言えるわけではないのですよね。人間関係もありますしね。
ミュージシャンは人間関係が大きいとかいう話も聞きますけど、自分には向いてないですし、ライブハウスに行く気もないです。
もっというと、好きでもないジャンルの音楽って、やりたくないと思うのではないでしょうか。
そう考えると、独奏タイプがやはり良いと思います。
津軽三味線やクラシックギターもそうですし、世の中には独奏で出来る音楽が沢山あると思っています。

つまりリズムがない音楽ですね。って考えるとピアノなんかもそうかもしれませんし、薩摩琵琶もそうでしょうね。
元々、歌声がお経と言われるくらい、リズム感がないらしいので、逆に琵琶ってお経っぽい歌声、詩吟っていうのでしょうかね、それをやるので、独奏向きと言えるでしょうね。
後、北野武さんのお母さんがやっていた三味線弾き語り、なんていうんでしたっけ。
浄瑠璃でしたっけ。基本、二人でやればいいのですけど、あの語りって結構好きなのですよね。
まあ、歌舞伎系ですし、趣味になってしまうのだと思いますけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です