多分、僕は今、人間不信と被害妄想がそれなりに爆発しているのだと思っています。
気にしなければいいのにと思う事もあります。
そういう時、何かしています。でも、する事がない時、一人になっていると、過去の話がずっと思いに残ります。
それは今も続いていて、失われた八年間が辛くて仕方ないのです。

ボーダーに会った事のない人は、分からない話だと思います。
検索してみて、そういう人も可哀想なんだよと思うなら、付き合ってみれば良いと思います。
気が付いたら、全てを失っていると思いますよ。
そして、攻撃され続けます。そして、自分の中にもうつと人間不信が続きます。
ちょっと通行人がこちらに顔を向けただけで、ボーダーの手先なのではないかとか、あなた病気ですかと言われたら、僕はそうだと頷きます。
少し辛いと思っています。

でもボーダーの方が、僕は病気だと思います。もっというと、病気以前に、人間なのか疑問を感じる事の方が多いです。
およそ、サラ金や闇金の電話番みたいな仕事か、風俗関係でしか仕事につけない性格だと思います。

この話題がずっと続いている時、とあるブログを見て、僕が幸せになればいいのだと思いました。
忘れようと思って、ずっと苦しんでいます。

ねぎが凄い好きなのですけど、長ネギをざくざく切って、冷凍しておけばよいと思う方です。
ただ、何故か最初からカットしてあるねぎを沢山集めてあるものをうちはよく買ってきますね。何でなのか分からないのですけどね。

朝ごはんを食べるのが非常に面倒なのですね。
食べないといけないのですが、面倒だというのは、粗食だというのも凄くあるでしょうね。
食費に金をかけたくないというのが、一番の理由でしょうか。

そういえば、自分はおじさんになったわけですけど、若い人でも色々いるなというのが正直な所です。
若いとか年とるとか関係ないのでしょうね。
うるさい人が本当に嫌です。思い出したら嫌になりました。

うちの母親が、DVDで、韓国ドラマを見ているのですが、熱しやすく冷めやすいタイプだそうで、四回同じDVDを見たのだそうです。
十回以上、同じ物を見るであろうなと思っています。
ああいう映画関係って良さが分からないのですけど、韓国ドラマというのは、対象にする人達の心をうまくつくのが得意なのだそうですね。
今、自分はひたすら、お金なんですよね。
早く借金を返して気ままな生活を送りたいにつきます。
水墨画や書道が好きな人間でもあるので、気ままに生きたいと思います。

納豆って外国人から見たら、食べられたものではないでしょうね。
普通に予備知識なしに、納豆だけ食べたら、誰だって嫌だと思いますよ。でも日本人って納豆が好きなのですよね。
面白いものですね。子供の頃、美味しいと聞かされると、食べられるようになるのですね。

外国で食べられないというと、イギリスは味覚音痴なんてテレビでやっていましたけど、フィッシュアンドチップスだとか、日本人の味覚に合わないとかそんな事らしいです。
個人的には納豆よりは、食べやすそうなイメージがありますけどね。
日本人から見ると、高カロリーなイメージがありますね。それで引いてしまうというのはあると思います。

自分は大食漢ではないので、余りにも肉、肉そして油で焼いたもの、そのまんまというようなのを出されると、食べられないって思ってしまいます。
そういえば日本食は健康食で食べられているという話も聞きますし、やはり海外の人も、高カロリーなものから、日本食の良さをアレンジして食べているのでしょうかね。
おもてなし、って古いですか。

おもてなしっていえば、柔道何段の看護師さんがやっていましたっけ。がたいのでかい人がやると面白いかもしれません。
あの人は今日も勤務ですか。雨の日も大変ですね。

携帯屋さんにいくと、これが良いという風に勧められますよね。
僕は携帯に無知な人間なので、勧められるままに、購入するのですけど、結構、営業の上手い人は、やり手だと思います。

と言いますか、携帯業界の技術が、本当に日進月歩だというのと、スマホがステータスになっている、又携帯がないと困ってしまう人達が多いというのは事実だと思います。
とはいっても、分からない言葉を言われて、これがお勧めですって言われても、後から見たらどうだろって思う事もあります。

それにしても、携帯屋さんで働いている人って、携帯の事、全部頭に入っているのでしょうか。
それって僕から見たら信じられない話です。
凄い人のように思えます。

携帯屋さんの人達って、基本的にお洒落ですよね。バイトさんも社員さんもこじゃれた印象を受けます。
うちの近所のお店だと、ちょい前までは、接客が酷く無愛想だったのですが、今は普通にやってくれますね。
助かる話です。

携帯って本体の料金と通信料を合わせて二年という計算だとやっと分かりました。
それって、何か嫌です。本体を買った方が得ですね。と言いつつ、お金を貯める自分は携帯を持たないようにするつもりです。特に使わないのです。

タイピングをずっとしていると、手首が痛くなってきますね。
何か良い方法はないものでしょうか。

手首を痛みを和らげる良い薬や湿布などあればと思いましたら、毛布など敷物を敷いてやろうかとも思いました。
でも手首ですよね。
タイピングに向いているパソコンを開発してくれたら、ブログを書くのも楽なのではないでしょうか。
以前タブレットPCで、モニタとキーボードがワイヤレスのものを見つけました。
あれは楽なのでしょうか。
考えてみると、角度だけで、手首が和らぐというものでもないのでしょうかね。

自分、文字を手書きでも書くのが好きなので、ちょこまか好きな事を日記にしたりしています。
少し家計簿的になっていますけど、ネットに置いておくより、ノートにした方が楽な部分もあります。安全ですし。
考えをリアルにまとめやすいのです。
結構考えすぎてこんがらがると、これが優先順位というように、ノートに書いてそれを実行するようにしています。

ペンは手首が痛くならないですよね。
キーボードも、何だか考えて欲しいです。ペンで入力するキーボードだとかどうでしょうかね。
音声入力も、まだまだ変換ミスがあるような気もしますし、何か良い方法はないものかと思いますけどね。

秋から冬になると、コンビニにその季節の食べ物が売りに出されますが、僕はこの時期から肉まんを買う癖がありますね。
今はオールシーズン売られているわけですけど、秋に食べる肉まんってやはり違いますね。
やはり子供の頃の思い出なのでしょうかね。

子供の頃、なけなしの金を使って、肉まんを買ったと覚えています。
なので、味がずっと秋冬という印象なんでしょうね。

秋になると、やはり色々思い出しますね。この季節って、インドアの確率が上がる時期だと思うんですよ。
そう考えると、うちで色々空想していたのだなと思っています。

今美味しいと思うのはチョコまんでしょうか。
あんまんとかも美味しいと思うのですけど、あんまんに関しては、小さな頃、買ってもらえなかったような気がします。
希少価値だったのですね。
ピザまんとか、僕は食べませんしね。思い出がないからだと思います。
チョコまんは大人になってから食べたものなので、それでも美味しいと思います。

横浜など、美味しい肉まんは売りに出されていると思いますけど、子供の頃の味って、何でずっと残るのでしょうか。
多少、コンビニも平成になる前から、肉まんの味を変えた気がして、それが舌に残っているというのが、思い出なのだと思っています。

親が自分の部屋を使い始めて、ずっと寒い部屋で寝ています。
寒い部屋ってそのままで、暖房と言いますか、布団が毛布だけというものでして。
それなら部屋ではないじゃないかと言われたら、返す言葉もないです。

寒いんですよね。でも昼になると暖かくなるのは嬉しいです。
そういえば、今日、自分のWi-Fiを解約してこなくてはと思いました。
微妙に眠れてないので、話がとびとびですね。
眠れてないといえば、夜の用足しが多くて困ってしまいます。おじいちゃんです。

血糖値が高いのか、寒いのか両方かもしれませんけど、二度起きました。
最初は寝て4時間くらいで、ふらふらでした。自分は寝ないともたないのです。
次に2時間くらい寝て、起きたら深夜の三時でそれから、ブログをだらだらと書いています。

眠い時、寝るというのも手なのでしょうけど、何かやっていると気が紛れるというのはありますよね。
自分もその口です。

寒いと言えば秋服に迷っています。夏の売り尽くしのようなシャツを買って思ったのが、チェック柄の半袖、これっていわゆるオタクの代表例なのでは、というのと、半袖だったので、腕が寒いというパターンでした。
朝寝したら、ちょっと衣類を買おうかなあと思いましたが、来年まで金は使わないと決めているので、買いません。朝寝したいです。

ギターの講師って、やはりバンドをやらなくてはならないのですよね。
バンドが面倒だと思っている方です。本当に。

あれって好きな音楽を全部、メンバーに言えるわけではないのですよね。人間関係もありますしね。
ミュージシャンは人間関係が大きいとかいう話も聞きますけど、自分には向いてないですし、ライブハウスに行く気もないです。
もっというと、好きでもないジャンルの音楽って、やりたくないと思うのではないでしょうか。
そう考えると、独奏タイプがやはり良いと思います。
津軽三味線やクラシックギターもそうですし、世の中には独奏で出来る音楽が沢山あると思っています。

つまりリズムがない音楽ですね。って考えるとピアノなんかもそうかもしれませんし、薩摩琵琶もそうでしょうね。
元々、歌声がお経と言われるくらい、リズム感がないらしいので、逆に琵琶ってお経っぽい歌声、詩吟っていうのでしょうかね、それをやるので、独奏向きと言えるでしょうね。
後、北野武さんのお母さんがやっていた三味線弾き語り、なんていうんでしたっけ。
浄瑠璃でしたっけ。基本、二人でやればいいのですけど、あの語りって結構好きなのですよね。
まあ、歌舞伎系ですし、趣味になってしまうのだと思いますけどね。

多分、はたちの時から言ってんすけど、なまはげを見に行きたくて仕方ないです。
なまはげファンです。というより、あの鬼の怒った顔が、実に美しい。

と思っている内に、段々祭りに行かなくなったなあ。
地元でも、祭りやっているけど、中年になってきたせいか、寒いと帰りたく、人込みが面倒で、ものを買う金もけちるというある意味、雰囲気を楽しんでいるようで、楽しんでいないという感じなんですよ。
青梅マラソンってのが、地元でやるんだけど、バスが途中で止まってしまって、ああ、歩くのかとの体たらく。
そんな感じですが、地元は何か観光に力を入れているのかったら、なんもやってないっすよね。
赤塚不二夫記念館は、この辺のご持病持たれた方々の、職業訓練のようです。違ったっけ。
他はさびれたお店がいくつか。

まあ、日本で栄えている所というのは、余りないのかもしれないと思っていたら、そういえば青梅より、奥多摩の方が観光地ではあるそうですね。
御岳神社だとか、奥多摩のわさび自然、田舎は全部自然豊かとはいいますけど、こと初詣や登山客が多いのは、奥多摩ですな。

微妙な町青梅ですが、意外とタレントの石塚さんとかが、名店らしい肉を食べたり、そういう風に取り上げられる町ではありますね。